イトマン選手結果

更新情報

2017/7/30
NEW!大会8日目の結果を更新しました。
2017/7/29
大会7日目の結果を更新しました。
2017/7/28
大会6日目の結果を更新しました。
2017/7/27
大会5日目の結果を更新しました。
2017/7/26
大会4日目の結果を更新しました。
2017/7/25
大会3日目の結果を更新しました。
2017/7/24
大会2日目の結果を更新しました。
2017/7/24
大会1日目の結果を更新しました。
2017/7/21
大会スケジュールを追加しました。
2017/7/14
特設サイトを公開しました。

大会概要

大会名 第17回世界水泳選手権大会
日程 7月23日(日)~7月30日(日)
競技時間 予選:16:00※日本時間
決勝/準決勝0:30(予選翌日)
※日本時間
場所 ハンガリー ブダペスト
会場写真

(写真:finaより)

TOPへ

スケジュール

※日本時間

大会1日目 7/23(日)
大会2日目 7/24(月)
大会3日目 7/25(火)
大会4日目 7/26(水)
大会5日目 7/27(木)
大会6日目 7/28(金)
大会7日目 7/29(土)
大会8日目 7/30(日)
TOPへ

イトマン選手の出場スケジュール

※日本時間

※タップで拡大

イトマン選手

入江陵介選手(27)
イトマン東進

出場種目

100m背泳ぎ・200m背泳ぎ
4×100mメドレーリレー

自己ベスト

【100m背泳ぎ】 52:24
【200m背泳ぎ】 1:52:51

自己ベスト推移

100m背泳ぎ

200m背泳ぎ

主な成績

ロンドンオリンピック
200m背泳ぎ 銀メダル
100m背泳ぎ 銅メダル

世界記録

【100m背泳ぎ】
 51.85 R.マーフィー 2016年8月13日
【200m背泳ぎ】
 1.51.92 A.ピアソル 2009年7月31日

選手の詳細はこちら

塩浦慎理選手(25)
イトマン東進

出場種目

50m自由形・100m自由形
400mフリーリレー

自己ベスト

【50m自由形】 21.88
【100m自由形】 48.35

自己ベスト推移

50m自由形

100m自由形

主な成績

リオデジャネイロオリンピック
50m自由形16位
100m自由形27位

世界記録

【50m自由形】
 20.91 C.シエロフィーリョ 2009年12月18日
【100m自由形】
 46.91 C.シエロフィーリョ 2009年7月30日

選手の詳細はこちら

中村克選手(23)
イトマン東進

出場種目

50m自由形・100m自由形
4×100mフリーリレー

自己ベスト

【50m自由型】 21.90
【100m自由型】 47.99

自己ベスト推移

50m自由形

100m自由形

主な成績

リオデジャネイロオリンピック
50m自由形16位
100m自由形27位

選手の詳細はこちら

高野綾選手(23)
イトマン

出場種目

4×200mフリーリレー

自己ベスト

【200m自由形】 1:58.55

主な成績

ロンドンオリンオピック
4×200mフリーリレー8位

選手の詳細はこちら

TOPへ

みどころ

     
  • 1日目7月23日(日)
  • 2日目7月24日(月)
  • 3日目7月25日(火)
  • 4日目7月26日(水)
  • 5日目7月27日(木)
  • 6日目7月28日(金)
  • 7日目7月29日(土)
  • 8日目7月30日(日)
TOPへ

ライバル選手

中村・塩浦選手のライバル

ベンジャミン・プラウド選手(22)
(イギリス)

50m自由形:21秒32
(2017年イギリス選手権)

リオ五輪では男子50m自由形では4位に入賞。16歳までマレーシアで育つ異色の経歴を持つ。今年のイギリス選手権50m自由形でイギリス記録を更新。

ウラジミール・モロゾフ選手(24)
(ロシア)

50m自由形:21秒44
(2017年ロシア選手権)

2013年世界選手権50m自由形銅メダルを獲得。今年のロシア選手権50m自由形でロシア記録を更新。

ケレブ・ドレッセル選手(20)
(アメリカ)

50m自由形:21秒53
100m自由形:47秒97
100mバタフライ:50秒87

全米選手権で50m・100mバタフライ、50m自由形の三冠を果たした新星。

ダンカン・スコット選手(20)
(イギリス)

100m自由形:47秒90
(2017年イギリス選手権)
50m自由形:21秒55
(2017年オーストラリア選手権)

リオ五輪では19歳ながら男子100m自由形では5位に入賞。男子4×200mフリーリレー、4×100mメドレーリレーの銀メダル獲得メンバー。今年のイギリス選手権でイギリス人初の47秒代に突入し、伸び盛り。

キャメロン・マケボイ選手(31)
(アメリカ)

100m自由形 47秒91
(2017年オーストラリア選手権)50m自由形
 21秒55
(2017年オーストラリア選手権)

2015年世界選手権では銀メダルを獲得。リオ五輪では男子4×100mフリーリレーの銅メダル獲得メンバー。47秒04のベストタイムを持つ実力者。

入江選手のライバル

ジョ・カヨ選手(21)
(中国)

100m背泳ぎ:51秒86
200m背泳ぎ:1分54秒03
(2017年中国選手権)

リオ五輪200m背泳ぎで銀メダルを獲得。今年の中国選手権では世界記録に0.01秒に迫る好記録で優勝。200mでも1分54秒03と今季好調。

マット・グリーバース選手(32)
(アメリカ)

100m背泳ぎ:52秒71
(全米選手権)

ロンドン五輪金メダリストのベテラン選手がリオ五輪の代表を逃した後、復活の代表入り。

エフゲニー・リロフ選手(21)
(ロシア)

200m背泳ぎ:1分53秒81
100m背泳ぎ:53秒13
(2017ロシア選手権)

リオ五輪200m背泳ぎで銅メダルを獲得。ロシア選手権で200m背泳ぎのヨーロッパ記録を更新する好記録をマーク。

ライアン・マーフィー選手(22)
(アメリカ)

100m背泳ぎ:53秒02
200m背泳ぎ:1分54秒30

リオ五輪100m、200m背泳ぎ金メダリストで100m背泳ぎは51秒85の世界記録保持者。

TOPへ

イトマン選手を応援しよう

イトマン選手をみんなで応援しよう!
応援画像や応援動画と共にコメントを添えて投稿してください。
「選手を笑顔にする写真やおもしろい動画」「選手を勇気づける言葉」など、お待ちしております。

TOURNAMENT

主要大会の紹介