更新情報

NEW

2019/7/28

世界水泳8日目結果速報を更新しました。

   

2019/7/27

世界水泳7日目結果速報を更新しました。

   

2019/7/26

世界水泳6日目結果速報を更新しました。

   

2019/7/25

世界水泳5日目結果速報を更新しました。

   

2019/7/24

世界水泳4日目結果速報を更新しました。

   

2019/7/23

世界水泳3日目結果速報を更新しました。

   

2019/7/22

世界水泳2日目結果速報を更新しました。

   

2019/7/21

世界水泳1日目結果速報を更新しました。

   

2019/7/16

世界水泳情報を更新しました。

   

2019/7/12

世界水泳特設サイトを公開しました。

世界水泳2019の結果を見る

digestダイジェスト

開幕
1日目

2日目

3日目

4日目

5日目

6日目

7日目

8日目

1日目

いよいよ世界水泳が開幕!金メダル獲得で2020年五輪が内定。 初日は予選から大本里佳選手(イトマン)が出場する400mフリーリレーで3分36秒17の日本記録で4位通過。決勝では記録更新とはなりませんでしたが、7位と健闘しました。 女子200m個人メドレー準決勝において大本選手が5位(2分9秒68)、大橋悠依選手(イトマン東進)が6位(2分10秒04)で明日の決勝に進出。 男子100m平泳ぎ準決勝ではアダム・ピーティ選手が(イギリス)56秒88の世界新記録を樹立しました。

×

2日目

大本里佳選手が5位入賞! 女子200m個人メドレー決勝に大本里佳選手(イトマン )と大橋悠依選手(イトマン東進)が出場。世界記録保持者のカティンカ・ホッスーが出場する中、大本選手が背泳ぎまでトップでターン。後半粘ったが、2分9秒32の5位となった。来年の東京五輪に向けて良い経験ができたとコメントした。大橋選手は失格。 男子100m背泳ぎ準決勝には入江陵介選手(イトマン東進)が出場し、6位で明日の決勝に進出。

×

3日目

男子100m背泳ぎ決勝に入江陵介選手(イトマン東進)が出場。五輪、世界水泳の金メダリストが揃う中、持ち味の後半で徐々に差を詰め、53秒22で6位となった。
入江選手レース後コメント
目標としているタイムに届かなかったので、悔しいが、2種目残っている(200m背泳ぎ、メドレーリレー)ので頑張りたい。

×

4日目

男子100m自由形準決勝にイトマン東進所属の中村克選手、塩浦慎理選手が出場。中村選手は後半追い上げ48秒45で10位、塩浦選手は前半から積極的に攻め、48秒54で13位となった。2選手とも26日(金)の男子50m自由形にも出場する。

×

5日目

男子200m背泳ぎ準決勝に入江陵介選手(イトマン東進)が出場。1組目に出場した入江選手は1分57秒26のタイムで4位、2組目が終了し、全体8位で明日の決勝に進出した。

×

6日目

入江陵介選手(イトマン東進)が男子200m背泳ぎ決勝に出場。前半から積極的なレースで5位(1分56秒52)となった。
入江選手レース後コメント
前半から積極的に泳ぎ、後半は気持ちで行くしかないと思っていた。チャンスがあったので、メダルを獲りたかった。今回調子は良くないが、諦めないで上に行きたい。
塩浦慎理選手(イトマン東進)は男子50m自由形準決勝に出場。自身の持つ日本記録に迫る21秒64で泳ぎ、7位で決勝に進出。この種目での決勝進出は18年振り。

×

7日目

男子50m自由形決勝に日本人として18年振りに塩浦慎理選手(イトマン東進)が出場。大混戦のレースの中、21秒81のタイムで8位入賞。
塩浦選手レース後コメント
まずは決勝に残れたことが嬉しいが、もっと速く泳げるようになりたい。来年の五輪に向けて頑張っていきたい。
中村克選手と大本里佳選手が出場した混合フリーリレーは3分24秒67の日本新記録で7位となった。

×

8日目

大橋悠依(イトマン東進)が女子400m個人メドレー決勝に出場。前半から積極的なレースで、バタフライをトップでターン。世界記録保持者カティンカ・ホッスーが徐々に前に出るが、必死に追いかけ銅メダル(4分32秒33 )を獲得!
大橋選手レース後コメント
自分の目指していた結果とは違ったけれど、前半から積極的に行くことができた。やるしかないという気持ちでチャレンジするレースになった。来年は後半も勝負をして金メダルを獲りたい。
大本選手が出場した女子メドレーリレーは予選より順位を上げ、6位入賞。入江・中村選手出場の男子メドレーリレーは4位入賞となった。

×
世界水泳2019の結果を見る

outline大会概要

大会名

第18回世界水泳選手権大会

日程

7月21日(日)から7月28日(日)
※日本時間

開催場所

韓国・光州

世界水泳2019の結果を見る

schedule大会スケジュール

1日目
7/21(日)

2日目
7/22(月)

3日目
7/23(火)

4日目
7/24(水)

5日目
7/25(木)

6日目
7/26(金)

7日目
7/27(土)

8日目
7/28(日)

予選 10:00~13:45 イトマン選手は青字です。

男子50mバタフライ

水沼 尚輝

予選タイム
1.DRESSEL Caeleb 22.84
2.GOVOROV Andrii 22.84
3.KOSTIN Oleg 23.01
21.水沼 尚輝 23.74

女子400m自由形

五十嵐 千尋

予選タイム
1.LEDECKY Katie 4:01.84
2.TITMUS Ariarne 4:02.42
3.KESELY Ajna 4:03.511
20.五十嵐 千尋 4:13.81

男子100m平泳ぎ

小関 也朱篤

予選タイム
1.PEATY Adam 57.59
2.SHYMANOVICH Ilya 58.87
3.小関 也朱篤 58.91(準決勝進出)
世界水泳2019の結果を見る

athletesイトマン選手

大橋悠依選手

大本里佳選手

入江陵介選手

中村克選手

塩浦慎理選手

砂間敬太選手

大橋悠依選手(23)

出場種目

女子200m個人メドレー
女子400m個人メドレー

自己ベスト

【200m個人メドレー】2.07.91
【400m個人メドレー】4.30.82

主な成績

世界水泳選手権2017
200m個人メドレー 銀メダル

世界記録

【200m個人メドレー】
2.06.12 K.ホッスー 2015年8月3日

【400m個人メドレー】
4.26.36 K.ホッスー 2016年8月7日

スケジュール

【200m個人メドレー】

7/21(日)予選

【400m個人メドレー】

7/28(日)予選

大橋選手の詳細はこちら

大本里佳選手(22)

出場種目

女子200m個人メドレー
女子100m自由形
女子50m自由形

自己ベスト

【200m個人メドレー】2.08.64
【100m自由形】54.16

世界記録

【200m個人メドレー】
2.06.12 K.ホッスー 2015年8月3日

【100m自由形】
51.71 S.シェーストレム 2017年7月23日

スケジュール

【200m個人メドレー】

7/21(日)予選

【100m自由形】

7/25(木)予選

【50m自由形】

7/27(土)予選

大本選手の詳細はこちら

入江陵介選手(29)

出場種目

男子100m背泳ぎ
男子200m背泳ぎ

自己ベスト

【100m背泳ぎ】52.24
【200m背泳ぎ】1.52.51

主な成績

ロンドンオリンピック
200m背泳ぎ 銀メダル 100m背泳ぎ 銅メダル

世界記録

【100m背泳ぎ】
51.85 R.マーフィー 2016年8月13日

【200m背泳ぎ】
1.51.92 A.ピアソル 2009年7月31日

スケジュール

【100m背泳ぎ】

7/22(月)予選

【200m背泳ぎ】

7/25(木)予選

入江選手の詳細はこちら

中村克選手(25)

出場種目

男子100m自由形
男子50m自由形

自己ベスト

【100m自由形】47.87
【50m自由形】21.87

主な成績

パンパシフィック水泳選手権
400mメドレーリレー 銀メダル

世界記録

【100m自由形】
46.91 C.シエロ 2009年7月30日

【50m自由形】
20.91 C.シエロ 2009年12月18日

スケジュール

【100m自由形】

7/24(水)予選

【50m自由形】

7/26(金)予選

中村選手の詳細はこちら

塩浦慎理選手(27)

出場種目

男子100m自由形
男子50m自由形

自己ベスト

【100m自由形】48.35
【50m自由形】21.67

主な成績

パンパシフィック水泳選手権
400mメドレーリレー 銅メダル

世界記録

【100m自由形】
46.91 C.シエロ 2009年7月30日

【50m自由形】
20.91 C.シエロ 2009年12月18日

スケジュール

【100m自由形】

7/24(水)予選

【50m自由形】

7/26(金)予選

塩浦選手の詳細はこちら

砂間敬太選手(23)

出場種目

男子200m背泳ぎ

自己ベスト

【200m背泳ぎ】1.56.16

世界記録

【200m背泳ぎ】
1.51.92 A.ピアソル 2009年7月31日

スケジュール

【200m背泳ぎ】

7/25(木)予選

砂間選手の詳細はこちら

世界水泳2019の結果を見る

highlightsみどころ

全8日間のみどころを一日ずつ紹介します!

1日目
7/21(日)

2日目
7/22(月)

3日目
7/23(火)

4日目
7/24(水)

5日目
7/25(木)

6日目
7/26(金)

7日目
7/27(土)

8日目
7/28(日)

rivalsライバル

大橋・大本選手のライバル

カティンカ・ホッスー選手(30)

(ハンガリー)

今期記録

200m個人メドレー 2.08.28

(ベストタイム)

世界水泳2019で大橋悠依選手・大本里佳選手のライバルになるカティンカ・ホッスー選手

「鉄の女」のニックネームを持ち、200m個人メドレー世界記録保持者のカティンカ・ホッスーが2019年世界ランキング1位。シドニー・ピックレム(アメリカ)そして大橋悠依選手が3位、大本里佳選手が5位と続いている。400m個人メドレーではホッスー、大橋選手が3位以下の選手を大きく引き離しているため、決勝では2人の勝負に注目。

塩浦・中村選手のライバル

ブルーノ・フラトゥス選手(30)

(ブラジル)

今期記録

50m自由形:21.31

(ベストタイム)

世界水泳2019で塩浦慎理介選手・中村克選手ののライバルになるブルーノ・フラトゥス選手

2014年パンパシ水泳金メダリストのベテラン、ブルーノ・フラトゥス(ブラジル)が、50m自由形において21秒31の2019年世界ランキング1位。その後にベンジャミン・プラウド(イギリス)、ケーレブ・ドレッセル(アメリカ)と続く。塩浦選手は4月の日本選手権において21秒67の日本記録を樹立しており、好調を維持している。2001年世界水泳(福岡)以来の男子自由形短距離のメダル獲得に期待がかかる。100m自由形では中村克選手が決勝進出を狙える位置にいる。

入江・砂間選手のライバル

エフゲニーリロフ選手(23)

(ロシア)

今期記録

200m背泳ぎ:1分54秒00

(ベストタイム)

世界水泳2019で入江陵介選手のライバルになるエフゲニーリロフ選手

リオデジャネイロ五輪において銅メダルを獲得したエフゲニーリロフ(ロシア)が、200m背泳ぎの2019年世界ランキング1位。ミッチェル・ラーキン(オーストラリア)、徐嘉余(中国)そして入江陵介選手が4位、砂間敬太選手が6位と続いている。

ライバルのベストタイム詳細はこちら

世界水泳2019の結果を見る

medalists歴代メダリスト

第17回

2017年 in ハンガリー・プダペスト

男子200m平泳ぎ

小関 也朱篤

男子50m背泳ぎ

古賀 淳也

男子200m個人メドレー

萩野 公介

女子200m個人メドレー

大橋 悠依

男子200m平泳ぎ

渡辺 一平

男子200mバタフライ

瀬戸 大也

男子400m個人メドレー

瀬戸 大也

過去のメダリストの詳細はこちら

世界水泳2019の結果を見る