子どものうちに水泳をはじめると、
どうしていいの?

水の中では、腕・脚といった体の各部を使ってバランスを保つ必要がありますので、全身をバランス良く鍛えることができます。 また、水による浮力を受けるため、体重が軽くなり、腰や脚などへの負担が軽くなります。さらに水平位(水面に平行)の運動が中心となるために、脊椎や関節などの負担軽減にもなります。

水が皮膚を刺激すると放熱を防ぐために皮膚血管が収縮します。また、汗をかいても蒸発しないので放熱が少なく、体温調節は皮膚血管反応に頼ることになります。プールへの出入りの繰り返しは、皮膚の体温調節機能を向上させ、カゼへの抵抗力を高めると言われています。

スイミングは、水の抵抗を受けたり呼吸が制限されたりするため、心臓、肺などの呼吸・循環器官の働きを盛んにし、発達を促進するといわれています。 これらの機能の向上は、他の有酸素運動にも有益だと言われています。

幼児期に子どもは心身共に一番高い成長期を迎えます。特に子どもの神経系の発達は3歳がピークとなります。この時期に水の浮力を使って自由に体を動かして遊ぶことは、脳の空間認知能を鍛えることにつながります。したがってスイミングには、スポーツ万能の子どもが育つだけではなく、算数の図形問題が得意になる等、頭の発達にも非常に良い効果があると言われています。水泳を学ばせながら、将来の勉強への準備も行う。これこそ理想的な幼児期の習い事 ではありませんか? 将来に備えた心身の準備を行いつつ、楽しくスイミングを習得していただきたいとイトマンでは考えています。

水泳って
どんなスポーツ?

2/7ページ
トップに戻る

イトマンスイミング
スクールがちょっとだけ
自慢できること?